学 校 行 事

 ・トップページ

 ・学校概要

 ・アクセス

 ・学校だより

 ・学校評価

 ・いじめ防止基本方針




3月のトッピックス

~ 卒業式 予行練習~

 3月12日
 18日(月)の卒業式本番に向けて、予行練習をしました。各学年で練習してきたことを生かして、本番同様の流れで行いました。立ち、座りのタイミングや呼びかけなど、課題がはっきりしましたので、各学級、学年で練習し、卒業式当日を迎えたいと思います。卒業式まで、あと4日。6年生の顔も一段と引き締まってきました。




~ メディア講習会~

 3月7日
 県のメディア指導員の先生をお呼びして、6年生を対象にメディ講習会をしました。スマホを中心に、メディアが心や脳、体に及ぼす影響を、具体的なデータを示してもらいながらお話しいただきました。中学校進学を控えた6年生にとっては、貴重な時間となりました。




~ 伝達表彰~

 3月5日
 全校集会の時間に、子ども県展と県スポーツ奨励顕彰の伝達表彰を行いました。
 子ども県展は絵画の部、版画の部あわせて、特選が5名、入選が53名ありました。特選をとった5名が、代表で症状を受けました。
 また、3年生の男子が、2月13日に長崎県スポーツ奨励顕彰を受賞したので、全校の前で伝達表彰を行いました。スポーツ顕彰は九州大会や全国大会等で優秀な成績を収めた児童・生徒に送られる賞です。柔道の九州大会で優勝したことが認められ、表彰されました。




2月のトッピックス

~ 6年生を送る会~


 2月27日
 業間と3校時を使って、学校のために頑張ってくれた6年生のために「6年生を送る会」をしました。各学年の楽しい出し物、先生たちの出し物にこたえ、6年生もすばらしい演奏を聞かせてくれました。どの学年も(先生方も)工夫をいっぱいで、みんなが笑顔になれる素敵な時間となりました。
 最後は5年生が6年生から校旗を引継ぎ、6年生に代わって学校を引っ張って行くことを誓いました。












~ クラブ見学~

 2月26日
 来年度からクラブ活動が始まる3年生が、4.5.6年生が活動するクラブを見学しました。クラブ活動は子供たちが、自分たちが興味があることを異学年の仲間と楽しむ貴重な時間です。
 3年生も来年度どのクラブに入ろうかと、真剣に見学し、質問も活発にしていました。
 





~ チャレンジ集会~

  2月26日
 この時期、恒例のチャレンジ集会がありました。自分たちの特技やパフォーマンスを全校のみんなに披露します。ダンスクラブのダンスから始まり、空手の形、ものまね合戦、3年生のダンス、5年生の歌、リフティングとルービックキューブのコラボ、そして最後は、6年1組のダンスでした。みんな堂々として、発表することを楽しんでいることがうかがえました。
 鳴鼓っ子の新たな成長を感じた時間でした。
 参観ありがとうございました。









~ 参観ありがとうございました~

  2月19日~21日
 今年度、最後の授業参観でした。たくさんの保護者の方々に参観いただき子供たちもうれしそうでした。
 参観ありがとうございました。
1年生(学習発表会)

2年生(学習発表会)

3年生(学習発表会)

4年生(2分の1成人式)

5年生(おにぎらずづくり)

6年生(親子授業&合奏)




~  ふれあい読書 ~

  2月19日~21日
 1年生は6年生と、2年生は4年生と、3年生は5年生と「ふれあい読書」をしました。これまでは、高学年が低学年に読み聞かせをしてきましたが、今回はそのお返しに低学年が本を選び、高学年に読み聞かせをしました。
 1年生も一生懸命に大好きな6年生のために練習して、本番に臨みました。読んでもらう6年生も自然と笑顔になっていました。




~ うれしいプレゼント~

  2月13日
 なづみ学級の2年生の男の子からプレゼントをもらいました。なんと「手縫いの雑巾」です。袋も手作りで「こうちょう先生へ ぞうきんを つかってください ○○より」のコメントが付けられていました。とっても上手に縫えていてビックリでした。
 ありがとうございました。大切に使わせてもらいます。




~ 新1年生との交流会(1年生)~

  2月13日
 ひらき幼稚園、時津中央保育園、時津北保育園の年長さんを招待して交流会をしました。
 まずは、手作りのメダルをプレゼントして自己紹介。そのあとは準備した遊びをしました。魚釣り、こま回し、あやとり、おはじきと生活科で学習したことを生かして準備しました。最後は1年生の教室に案内し、小学校の生活について伝えました。1年生もすっかりお兄さん、お姉さん気取りでお世話していました。最後は名残惜しそうに、手を振ってお別れをしました。





~ 社会科見学(4年 波佐見町)~

  2月12日
 県内の特色ある地域について学習を行う中で、波佐見町の焼き物について学んできました。菊祥陶器さんでは、波佐見焼が作られる工程を見学することができました。また、畑の原窯跡では、江戸時代に使われていた登り窯を見学し、この地域に焼き物が栄えた理由や昔の焼き物づくりについて学びました。窯業技術センターでは、出来上がった焼き物の強度を図り実験を見せてもらったり、新しい技術について教えてもらったりしました。
 絵付け体験もさせてもらいました。出来上がりが楽しみです。





~ 社会科見学(3年 民俗資料館)~

  2月7日
 カナリーホールにある民俗資料館に見学に行きました。展示されている昔の道具や資料から、当時の人々の生活や苦労、知恵を学びました。学芸員の方にも丁寧に説明していただき、学校ではできない貴重な学びとなりました。




~ 租税教室(6年)~

  2月1日
 時津町役場の税務課の方をお呼びして、6年生が租税教室を行いました。消費税がなくなったらどんな世界になるかについて学習しました。消費税があることで、みんなが助け合って生きていけることがわかりました。





1月のトッピックス

~ 研究授業(2年1組) ~

  1月30日
 鳴鼓小は時津町の委託を受け、国語科の研究を行っています。各学級で研究授業を行ってきましたが、2年1組が今年度最後の研究授業を行いました。
 「スーホの白い馬」の話を読み深めていく単元です。この時間には、「スーホと白い馬の気持ちを想像しながら、心に残ったところと考え書こう」をめあてに授業が行われました。子供たちは、これまでに学習したことをいかし、自分の経験と照らし合わせながらしっかりと考えをもつことができました。





~ 給食集会 ~

  1月22日
 業間の時間を使って、給食集会をしました。各学級の給食についての頑張りを表彰した後、給食委員会が劇や○×クイズをとおして給食のマナーや気を付けることなどを教えてくれました。
 また、各学級でも学級活動を使って給食について考えました。いつもお世話になっている給食センターの方々へ、感謝のお手紙を書いて届けます。





~ CRTテスト ~

  1月17日
 今年度から、時津町では1月に全学年でCRTテストを実施します。教科は国語と算数の2教科です。これまでは、4月に前学年の学習内容についてNRTテストを行っていましたが、年度内に子供たちの学習内容の定着度を把握し、改善を図るためです。 普段のテストと違い問題数が多く、苦戦していましたが、みんな最後までよくがんばりました。結果を分析し、今年度学んだことは、全ての子供たちに身に付けさせられるよう、指導していきます。




~ 避難訓練(地震) ~

  1月15日
 地震を想定して、今年度3回目の避難訓練を実施しました。緊急地震速報のアラーム音を聞き、机の下に潜り込むなどの避難姿勢をとり、その後運動場に避難しました。
 これまでの避難訓練に比べ、おしゃべりもなく真剣な態度で臨むことができました。


~ 鬼火焚き ~

  1月5日は左底地区で、1月13日は久留里地区で鬼火焚きが行われました。
 鬼火焚きは九州地方の伝統行事で、正月飾りやしめ縄、書初めの半紙等をお燃やして、無病息災を祈ります。このような伝統行事が地域に残っていることは、子供たちにとって、大変ありがたいことです。
 少し子供たちの参加が少なかったことが残念でした。来年は、もっとたくさんの子供たちが参加して、地域行事をも盛り上げていってもらいたいと願っています。

<左底地区>

<久留里地区>



~ 2学期 始業式 ~

  1月8日
 17日の休みを終え、子どもたちが元気に戻ってきました。長期の休み明けの朝は、子供たちが元気に戻ってきてくれるか心配でたまりません。しかし、始業式の日のの朝は、薄暗い曇り空を吹き飛ばすように、左底交差点に子供たちの元気な挨拶の声が響いていました。安心するとともに、とてもうれしく思いました。鳴鼓小にとって、すばらしい1年になることを予感させる気持ちのよい朝でした。
 始業式では、「3学期はゴールであり、スタートだ」という話をしました。
 3学期はまとめの学期です。学年のゴールです。子供たちには1・2学期に頑張ってきたことを続け、確かなものにしていってもらいたいと思っています。私が常々子供たちに求めている「あいさつ」「返事」「発表」など、声を出すことについては、これまでの頑張りを確かめ、続けることでレベルアップを目指します。また、子供たちには、今の学年に進級したときに、頑張りたかったこと、なりたかった自分の姿をもう一度思い出し、諦めず残り3か月で達成できるよう頑張ろうと話しています。「3か月しかない」ではなく、「まだ3か月もある」のです。目標を飾りにせず、実現できるよう努力する鳴鼓っ子であってほしいと願っています。
 また、年の初めである1月は区切りのときでもあり、スタートのときとも言えます。次の学年に向けて、何か一つ小さなことでも構わないので目標を決め、始めてほしいと伝えました。
 3学期は、6年生が48日、1~5年生は51日です。ゴールである卒業式、修了式の日に全員が「この学級でよかった」と思える学級を自分たちの手で作っていってもらいたいと願っています。



  児童を代表して、2年生と5年生が「冬休みの思い出と3学期にがんばりたいこと」を発表しました。




 
  5年生代表

 わたしは、2学期にがんばったことが二つあります。
一つ目は、勉強です。学習をする中で、分からないことがあるとき、それをそのままにしていると、その次の学習も分からなくなります。そうなると、大変な思いをするのは自分自身です。だから、分からないことは、必ず分かるようになるまで取り組むことが大切だと気がつきました。
 二つ目は、委員会活動です。わたしは、給食委員会で栄養黒板の記入や完食調べ、お昼の放送等をしました。委員会の仕事をする中で、任せられた役割をしっかり果たすことが大切だと改めて感じました。
 わたしは、4月から6年生になります。そこで、今年の目標を立てました。それは「人に言われて行動するのではなく、自分で考えて行動する意識をもつこと」です。それだけではなく、「今それをすべきか、すべきでないかをしっかりと判断できるようにすること」もがんばりたいと思います。高学年としての自覚をもって、できていない人に、それを優しく伝える勇気ももっていきたいと思います。
 夢に向かって大きな一歩をふみだせる2019年にします。




© 2010 Nazumi Elementary School