同期会HPにもどる



このページは、皆様の近況等をお知らせする目的で作りました。皆様からのお便り、写真をお待ちしています。投稿は文書(手紙)、メールで下さい。写真はプリントしたものでも結構です、こちらで取り込みます。文章の中で掲載可能な部分を「 」(括弧)で括ってください。  無ければ、全文掲載します。

     
        「卒後58年目の同期会」:2018年8月14日:  木下 敏夫 

       2018年6月1日(金)ホテル雅叙園東京内の中国料理店「旬遊紀(南風)」で35年卒業生の同期会が、
  井上・松尾両君のお世話で開催され、11名の出席者がありました。、
  翌2日は、はとバスで初めての「東京観光」、「スカイツリーと浅草観音」を見物しました。その時の写真を掲載します。
  詳しい記事は、年末に発行される「長薬同窓会会報誌」に井上君の記事が掲載されますので、それをご覧ください。    
      
  
全員集合
 
会食前の説明
百段階段・・一段足らず!!
スカイツリー記念碑の前で
天望回廊で「はいチーズ」
腰を屈めて パチリ
隅田川です
地上のものは小さく見えます
遠くまで見えます
 
土産店の後ろに有名人?の手形
有名な雷門の提灯
土産店
小舟町の提灯
 
浅草寺本殿


        2017年1月23日:木下 敏夫 

 今持っているコンパクトデジカメは16倍の高倍率であるが、月と星の写真をとりたかったので、より高倍率のデジカメを探していたら、
ニコンとキャノンで販売されていた。一眼またはミラーレスデジカメも考えたが、本体だけで500g、高倍率の交換レンズを入れると
1500〜2000gになるので躊躇していた。
 ニコンのコンパクトカメラのカタログに月のクレーターがはっきり写った写真があり、60倍で565g、90倍で900gなので、軽い方の60倍に決定した。
このカメラで撮った月の写真にはクレーターがはっきり映っている。ただ残念なのは、開放露出(バルブ)機能がないので、星の撮影には困難が伴う。
 テレビなどで年に九日間しか入場できない九年庵のことが放映されたので、一度は行ってみようと思いツアー旅行に参加した。
日曜日しか出かけられなくて、日曜日を選んだがこれが失敗のもとで人出が多く九年庵に着いた時には、もう入場の順番が2000番くらいだった。
100番ごとに入場できるのだが、入場してからもヒト人の行列で閉口した。肝心の紅葉は見ごろであったが数が少なく期待したほどではなかった。
      
2016/8/24 撮影
2016/10/10 撮影
2016/10/14 撮影:Post Super Moon:Super Moonは曇りで撮影できなかった
 

  
九年庵
九年庵
九年庵
九年庵-人ヒトの波
 


   
     2015年6月17日:井上 治 

昨年5月に35年近く住んていた兵庫県川西市から千葉市美浜区のURマンションに移住しました。
先般、日本で初めて開催され、NHKテレビ等で放映された航空ショーレットブル・エアレース は幕張海浜公園は住んでいるマンションに近くで日課の散歩コースです。
先日、千葉市稲毛公園に大賀ハスを見てきました。 54年前に東京大学検見川厚生農場で大賀博士らが発掘して約2000年前の蓮の種を栽培して 開花したものです。千葉県天然記念物に指定され、千葉市の花に制定されています。
上野不忍池を始め日本各地の池に分根されています。 6月下旬から7月上旬に開花します。ハスの花はお釈迦様の極楽浄土に咲く花で"天上天下唯我独尊" (自分という存在は誰にも変わることはできない。人間として生まれており、この命のままで尊いのであるから大事にしなくては ならない。)との意味ですが、実物を見るとその美しさに感動しました。
川棚中学の同窓会で同期生の僧侶に死後の世界あるかと問うたところ、言下にそんなものが在るものか。人間死んだらゼロでお終だ。 だから今、現在を楽しく、有意義に生きるのが肝要だと説教されました。 臨死体験を経験した人が蓮の花が咲いている極楽を見てきたとの話が語れてはいますが、この様に風景では思われ、蓮の花の写真を投稿しました。
    6月16日(投稿)
    千葉市美浜区打瀬2−22、ミラリオ3−1102    井上 治
    
2000年の眠りから覚めた大賀ハス
 


    2014年7月1日(7月11日改定):木下 敏夫 

 アメリカ留学中の写真】

  この一週間、46年前のアメリカ留学中の写真の整理を思いたち、スライドからパソコンに取り込んだ。その数約1000枚、 長年ほったらかしにしていたので、カビなどが生え、色も赤色が退色し青みがかっていた。カビは洗浄液で一枚一枚丁寧に取ったつもりだが 十分にとれたとは言えない。退色はカラー補正をすると幾分よくなるが、枚数が多いので今のところそのままにした。

  ここには、一般の旅行会社のツアーでは行けないアリゾナ州(Arizona)の砂漠に生えている巨大なサボテン(Saguaro:サワロ、サグワーロゥ :日本名ではベンケイチュウ、人の身長と比べてください)、ユッカ(Yucca)。     
サワロ(Saguaro)
サワロ(Saguaro)
サワロ(Saguaro)
ユッカ(Yucca)
 

長崎市および広島市に落とされた原爆の設計、最終的な製造を行ったニューメキシコ州(New Mexico)にある Los Alamos(ロス・アラモス)国立研究所の原爆の実物大模型(長崎市の原爆資料館にもある)の写真を掲載した。
銘板の文章:Fat Man This implosion-type atomic bomb with a core of Plutonium was first teted at Trinity site near Alamogordo, N.M., on July 16, 1945. One of these weapons was exploded 1700 feet over the City of Nagasaki August 9, 1945
当然のことながら、ここには人的被害、物的被害のことに関しては一切記載されていない。ただ原子爆弾を広島(8月6日:ウラニウム)、 長崎(8月9日:プルトニウム)に投下したことだけを記述している。
なぜアメリカは三日後の早い段階で第二発の原爆を投下したのか? 1)早期の戦争終結 2)ソ連参戦によるソ連の発言権を弱める などが取りざたされている。第3の理由は表面には出ていないが・・・・  
原爆の模型:左-広島(Little Boy)、右-長崎(Fat Man))
最初の核兵器であることの銘板
Fat Man(長崎:プルトニウム)
 
広島(Little Boy)の銘板)
Fat Manの銘板


アリゾナ州(Arizona)にある大隕石孔(Meteor Creator:この隕石孔は有名なのでご存知の方も多いでしょう)。 Four State Corner:コロラド州(Colorado)、ユタ州(Utah)、アリゾナ州(Arizona)およびニューメキシコ州(New Mexico)の 4つの州が交わった地点は全米でここ1か所のみである。  
Meteor Creator(大隕石孔)の遠望
Meteor Creator 大きすぎて全体が写らない!!
Four State Corners:4つの州が交わった場所

    
   2013年6月5日:中尾 哲朗 

 【笹渕君を悼む】

2013年4月28日笹淵君の告別式に出席、悲しい別れでした。学生時代は特に親しくなかった けど、なぜか遠くからやさしく見守ってくれたように思います。 厳つい風貌で背が高く、一見こわおもてだがメガネの奥はやさしく笑っていました。 笹渕君とは東京に来てから会うようになり、それも夜10時過ぎ 銀座8丁目〜新橋の路上で偶然の出会いばかりでした。会うといつも説教で 「飲んでばかりいないで、奥さんを大事にせんば!」その姿目に浮かびます。 なぜか私は聞き役で、今思うと「君こそこの時間なにをしてたの」とは言え ませんでした。東京の夜は笹渕君との出会いの場所です。
【東京夜景(平成25年5月)】 南麻布の職場から帰宅時、途中下車し夜の東京を撮影しました。  六本木(東京タワー)→銀座(4丁目交差点)→東銀座(新装歌舞伎座)  →丸の内(新装の東京駅)→浅草(雷門、東京スカイツリー) 大学卒業後、転勤もなく千葉・東京での生活も50年を越えてしまいました。 その間名所めぐりした事もなく、神田・新橋・新宿を飲み歩く毎日でした。 初めてゆっくり夜の東京を楽しみました。夜景の撮影経験が少なく、オート モードでは暗い写真、夜景モードでは手振ればかりで、日を改めての撮影と なりました。
 
 

 
   2013年5月14日:木下敏夫 

 花を求めて-ちょっとドライブ

   毎日が日曜日の退屈さを紛らわすために、大村近郷と島原近郷に2週間連続して花見に行きました。  大村近郷は、野岳湖の近くにある「裏見の滝」とシャクナゲを、大村と諫早の境にある「シバザクラ」を見に行きました。  「裏見の滝」は文字どうり、滝の裏側を見ることができますが、残念ながら今年は崖の崩落があり、  危険防止のため通行禁止でした。滝の周りの急な崖には、日本原産の「ツクシシャクナゲ」をはじめとして、  世界各国45種類約6,000本のシャクナゲが咲き乱れます。その他の原産地は台湾、アメリカ、メキシコ、イギリス、  オランダ、ニュージーランド、オーストラリアと幅広く、品種によって4月中旬から5月下旬まで美しい花々が目を  楽しませてくれます。
 「シバザクラ」が咲いている場所は、山の中で、狭い道をくねくねと曲り、途中軽でないと車の離合が  出来ないような狭い道に悩まされながら、やっと目的地に到着、「シバザクラ」の色のコントラストが綺麗でした。  ここには、種々の色をしたツツジも咲いており、目を楽しませてくれました。
 島原の「芝桜公園」は中尾川砂防締切堤防内(島原市上折橋町)に平成21年(2009年)から栽培を始めたそうです。  長崎からは諫早・愛の展望台を経由して「雲仙グリンロード」〜「がまだすロード」通り約1時間半で目的地に到着します。  平成24年(2012年4月1日)に2ヘクタールの敷地に21万本の芝桜を植えた「しまばら芝桜公園」が開園しました。  赤、ピンク、青紫、白の4種類の色の芝桜を使っていて、湧き水の中を2匹のコイが泳ぐ花模様が楽しめます。    
 

 
  2012年6月19日:木下敏夫

鎌倉・同期会に出席して

2012年6月8日(金)中尾、松尾両君のお世話で鎌倉の「わかみや」で52周年目の同期会が行われた。
鎌倉は初めてである。鎌倉駅からかの有名な「江ノ電」に乗り、江の島駅まで乗った。観光客が一杯で座ることもできない。 江の島まで行こうと思ったが、往復で4~50分かかるとのことで断念。
その代わりに、唱歌『鎌倉』で歌われている、『七里ガ浜の磯伝い 稲村ガ崎 名将の・・』を体験したく、 国道134号線沿い、約1.5Kmを歩いた。当日は少々暑くて、汗をかいたが海風は心地よかった。 稲村ケ崎には、『真白き富士の嶺 緑の江の島・・・』で知られた12少年の遭難の碑がある。
翌9日は生憎雨で、傘をさしての観光となった。まさしく唱歌『鎌倉』そのものの観光ルートである。 『長谷観音の堂近く 露座の大仏 おわします・・・、由比の浜辺を 右に見て 雪ノ下道 過ぎ行けば 八幡宮の 御社、のぼるや石のきざはしの 左に高き大銀杏・・・、』
雨にもかかわらず、観光客が多く道は、車と人にあふれ傘が触れ合い大変だった。
昼食に食べた「一茶庵」の「鴨南蛮そば」は鴨の旨味とそばがよく合い美味しかった。(写真が無くて残念)
大仏の前で「奈良の大仏」との違いが話題になったので、
参考までに:奈良の大仏:高さ:14.98m: 盧舎那仏;鎌倉の大仏:高さ:11.3m: 阿弥陀如来



 
   2011年6月19日:中尾哲朗

―大震災当日―

 私はドラッグストア(東京西麻布)で仕事中でした。震度4強の揺れが10分ほど続き、店のまわり大騒ぎとなりみな道路に飛び出しました。 しかし店の品物は崩れ落ちる事はなくどこかで強い地震があったのではとその時は思いました。東京はその程度でしたが千葉、 埼玉地方は強力で棚の品物は崩れ落ちたようです。ところが東京はその後、地下鉄・JR・私鉄すべてストップしてしまい、 その日は帰宅できず秋葉原のホテルに宿泊しました。
―その後―
 私が住んでいる習志野は被害は軽度で屋根ガワラが傷む程度でした。ところが埋立地で ある千葉県西北部(東京ディズニーがある浦安、船橋、習志野)は液状化現象により道路、家屋が傾く被害が続発しています。
―余震―
 地震当日から1カ月は毎日のように日に2〜3回あり不安でした。5月になると減少 し、6月は週に1〜2回になっています。
―今は−
 東日本大震災が東京直下で起こると大変なことになります。多分東京・千葉は壊滅状態になると思います。その可能性は否定できません。 ただただ祈るばかりです。


 
   2011年6月19日:桑山良照

 井上明子さん(松本)から種を貰ったシルクロードのアサガオです。


   

 
 2011年4月4日:桑山良照

 玄関先に咲いた「ムスカリ」


   


 
   2011年5月16日:木下敏夫

  4月下旬、臼杵の石仏を見たくなり、ついでに九重”夢”大吊橋、竹田の城跡に寄り道をして、  1泊2日の小旅行をしました。九重”夢”大吊橋は長さ390m、高さ173mで「九酔渓」、「震動の滝」  などが見渡せる峡谷に架けられています。時期的には秋の紅葉がよいそうです。  竹田の城跡は「滝 廉太郎」の銅像、「土井晩翠」の歌碑(荒城の月)があります。  臼杵の石仏群は素朴な中にも品があり、無神論者の私でも手を合わせたくなるような雰囲気でした(合掌)。  


長崎県薬剤師会の総会がハウステンボスで行われるのを機会に行ってきました。 以前何かの折に、ハウステンボスにまだ行ったことがないことを言ったところ、 長崎に居ながら行ってことがないとは、何事だと顰蹙を買ったことがありましたが、 単なる外国の街並みの模倣だけでは見るような所ではないだろうと反論した次第です。 はたして、今回実際に見たところ入場料を払っても見たいところではありませんでしたが、 戸外で総数100万本のバラが植えられており、目を楽しませてくれました。