長崎おもしろ草5巻 越中哲也の長崎ひとりあるき
    旧長崎文献社 定価1575円


    廃版だとおもわれていた長崎おもしろ草5巻が
    ある場所から発掘されて奇跡の再発売です。
    この機会をお見逃しなく!


    内容
    ・長崎氏の「城」
    ・城ん越
    ・桜馬場
    ・春徳寺
    ・鳴滝というところ
    ・内町のこと
    ・新町のこと
    ・職人町の各種
    ・勝山町より西坂方面へ
    ・思案橋方面より本篭町方面へ
    ・出島のこと
    ・長崎の道
    ・長崎年中行事
     他



 

    長崎遊学マップ〜長崎丸山に花街風流うたかたの夢を追う
    長崎文献社 定価840円


    坂本龍馬も勝海舟も遊んだ。
    大隈重信も斎藤茂吉も通った。
    江戸時代、井原西鶴が上方の金銀が吸い取られたと嘆いた花街は、
    いま町歩きの人気スポット。一人で歩ける地図と歴史的背景の解説を
    コンパクトブックに編集。
    綴じ込み付録『丸山町寄合町絵図』付
    案内人 山口広助

    内容
    ・日本三大遊郭「長崎丸山」とはどんなところ?
    ・長崎丸山ゆかりの人々。
    ・「唐人行き」「オランダ行き」の外国人向けの遊女たち
    ・料亭「花月」物語-頼山陽、向井去来、そして…
    ・思案橋、見返り柳、中の茶屋、梅園身代り天満宮、ご案内
    ・高島秋帆邸から茂木街道、正覚寺、大徳寺、銅座まで
    ・現在の長崎検番の芸子衆勢揃い写真





    広助の「丸山歴史散歩〜くんち編〜」
    定価1.050円(税込)


    広助の「丸山歴史散歩」の第二弾はくんち編
    「長崎消息」「長崎プレス」etcに連載、掲載された
    丸山くんち話しを再編集。

    たてまつるだけの大特典、広助氏のサイン付き!

    インターネット版 広助の「丸山歴史散歩」は毎日更新中
    (http://www5d.biglobe.ne.jp/~hirosuke/index.html )

     


    長崎さかみち散歩 写真 真木雄司 
    春光社刊 定価1890円


    写真集「長崎おもいで散歩」でお馴染みの真木雄司さんの新作です。
    構想5年、撮影5年をかけて完成した力作。見応えアリ。

    内容
    大浦周辺の坂
    長崎中心部の坂
    浦上周辺の坂
    稲佐周辺の坂
    近郊の坂
    撮影地点一覧マップ
    坂道リスト表




    出たばいちゃんぽん本 
    NAGASAKIよか本制作委員会制作 定価650円

    何故、今までなかったのでしょうか?
    長崎ちゃんぽんのバイブルです。

    内容
    長崎県内約80店のちゃんぽん屋紹介
    マップ、アドレス、アクセス、価格まで
    この一冊でわかっちゃいます!




    旅する長崎学5 キリシタン文化5 
    教会と学校が長崎の歴史を語る
    長崎県企画 長崎文献社製作 定価600円


    長崎を一から勉強し直したい方に最適。
    最小限の文章に、最大限の写真と図解で楽しく学べます。

    内容
    開国日本 キリスト教再来第一歩は長崎から
    宣教師が尽くした日本の教育事業
    キリシタンの夢 日本人のための天主堂が建つ
    教会がある風景は長崎の歴史を語る文化遺産
    巡礼地長崎で平和を考える




    ナガサキコラムカフェAGASA 04号
    山猫工房出版局 定価500円(税込)


    2号よりも10ページ増量、執筆者46名。

    目次から抜粋
    長崎角打ち巡礼 田頭澄み人
    存在否定 
    藤城かおる
    偉人たちとの浜の町 堺雅志
    在るかもしれない店名 
    醤キエロ
    六地蔵 坂本裕司
    男の言葉 一ノ瀬恵介
    ある修行者の悩み 梅沢武秋
    DAMANKI SHOW 川崎啓一郎

    AGASA情報は「梅`s Factory」をご覧下さい
    (http://www.open21.to/ume/index.html )


「愛知曼陀羅 東松照明の原風景」
愛知県美術館 定価2.000円(税込)

    2006年6月2日から7月23日まで愛知県美術館で開催されていた
    「愛知曼陀羅 東松照明の原風景展」の公式図録です。
    若き東松照明が、1950年代の日本の現実を生き生きと
    モノクロ写真に捉えています。
    半数以上が未発表という大変貴重な写真集。


    たてまつるだけの大特典!東松照明氏のサイン付



    旅する長崎学4 キリシタン文化4 
    「マリア像」が見た奇跡の長崎
    長崎県企画 長崎文献社製作 定価600円


    長崎を一から勉強し直したい方に最適。
    最小限の文章に、最大限の写真と図解で楽しく学べます。

    内容
    「サンタ・マリアの御像はどこ?」
    浦上キリシタンはなぜ250年も信仰を守り通せたのか
    禁教時代の長崎の町人と事件
    大村、外海、五島での弾圧
    平戸、生月のかくれキリシタン




    上野彦馬 歴史写真集成  馬場章 編
    渡辺出版 定価2.940円


     これまで記録写真として単独でしか見ることがなかった
    彦馬の写真ですが、この本では
    年代順に百点も見ることができます。
    トータル・アルバムとしても十分な 完成度があり
    彦馬を芸術家として再認識させられます。
     もちろん各写真に詳しい解説もついており
    歴史書、記録書としても“使える”オトクな一冊です。




    広助の「丸山歴史散歩」
    定価1.050円(税込)


    長崎新聞で連載中の「うず潮
    (平成154月〜17年3月」の原稿と
    インターネットで発表している丸山周辺の歴史案内
    をまとめた内容。
     一つの町にこれだけの歴史がつまっていることに驚かされます。

    インターネット版 広助の「丸山歴史散歩」は毎日更新中
    (http://www5d.biglobe.ne.jp/~hirosuke/index.html )

     ←まっ白の表紙に見えますが実はうっすらピンク色、ご確認あれ!

「長崎曼荼羅 東松照明の眼1961〜」東松照明監修 
長崎新聞新書 定価1.400円(税込)

    鋭い批評眼と時代性-戦後日本を代表する写 真家東松照明はいま長崎にいる。この街に写真家はファインダーを通して何を見ているのか。本書は東松と長崎にまつわるエッセィ、評論のアンソロジー、モノクロ72点、カラー17点の写 真作品収録。

    たてまつるだけの大特典!東松照明氏のサイン付です